会長の日常をダラダラ語るブログ

PB会長の趣味と日常がまるわかりの公式日記はここだけ(?)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

海賊とよばれた男

百田尚樹の同名ベストセラー小説を、同じく百田原作の「永遠の0」を大ヒットさせた岡田准一主演と山崎貴監督のコンビで映画化した作品
出光興産創業者の出光佐三氏をモデルにしたといわれる主人公・国岡鐵造の葛藤と半生を描いている

ほんとにね、これは良作です!!
戦時中の空戦シーンのVFXはもちろん
日承丸のシーンやイギリス海軍のシーンなどVFXがハンパないですし
国岡商店の歩んできた道や国岡鐵造の苦悩などがちゃんと描かれていて見入ってしまいました
特に戦争中になくしてしまったものへの思いとかそういうのがこみあげてくるシーンとか涙なくしては見れませんでしたね
日承丸がイランへ向けて出港する時の車から出て思わず走って追いかけていくところとかほんともう

色々と書きたいことはあるがネタバレになるので、とりあえずこれは日本人なら必ず見るべき映画だと思いましたね

あとB29と夜間戦闘機月光の戦闘シーンとか100式輸送機とF6Fの戦闘シーンがすごすぎますわ
スポンサーサイト

テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画

映画 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。