FC2ブログ

会長の日常をダラダラ語るブログ

PB会長の趣味と日常がまるわかりの公式日記はここだけ(?)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

聲の形

大今良時のコミックが原作の京アニの長編アニメ映画
とても良かったです。最初のシーンからの時系列とか見やすかった
小学校の時の話から高校でのシーンと主人公の将也くんの感情とか
ヒロインの硝子ちゃんイジメてた時とか、バレて仲間に見捨てられ干されてた時とか
親に迷惑かけたとか、硝子ちゃんと高校で再会してからの「俺が幸せになっていいんだろうか?」って
葛藤とか改心していく描写ちゃんと描かれてて主人公の将也くんには見てて感情移入できた

逆にヒロインの硝子ちゃんの内面というか感情があまり描かれてなくて自殺しようとして逆に将也くんが重体負わせて
どうしようってなった終盤にしか内面が描かれなかったからヒロインにはあまり感情移入できなかった
小学校の時にいじめられてたのに再会してちょっと色々あったにせよ将也くんに告白しようってなったまでの
心理状態がいまいちわからなかった

そこらが植野さん(だっけ?けいおんの澪ちゃんみたいな娘)に何考えてるからわからないからムカツク
耳が聞こえないからイジメてるんじゃない、こっちの話を聞こうとせず
一方的に押し付けてくるから何考えてるかわからないってのと繋がってくんだろうけど

個人的には硝子ちゃんの妹のゆづるちゃんのほうがヒロインしてたなーと(違うか
スポンサーサイト

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

映画 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<2016年夏アニメ総括 | HOME | 君の名は。>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。