FC2ブログ

会長の日常をダラダラ語るブログ

PB会長の趣味と日常がまるわかりの公式日記はここだけ(?)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ハクソー・リッジ

米軍サイドから見た沖縄戦の地獄映画です
日本の公開前プロモーションがこの映画が沖縄戦だってまったく宣伝してなくてほんと呆れかえりました
で、ツイッターでつぶやいたらすげーバズりましたw

実際に宗教上の理由で人殺しができない衛生兵が数百人を戦場で救った実話をもとに作ってます
なのでエンドロールではモデルとなった衛生兵ご本人のインタビュー映像が出てきます

あと、この映画は日本側の描写はまったくないので完全に無慈悲な敵兵として日本兵が描かれます
そして主人公がぶっ飛んでるのが崖登って米軍突撃→日本兵万歳突撃→米軍、日本兵の猛攻に進めず撤退
東遠に停泊中の戦艦に艦砲射撃依頼→戦艦艦砲射撃(ここ海軍ミリオタの抜きどころ)
逃げろと指示きてるのに主人公逃げず艦砲射撃を受ける高地に残って負傷兵の治療と回収に努める
日本兵に見つかる→逃げる中で日本軍の地下壕に迷い込む→隠れながら進む中で負傷してる日本兵発見
治療していくとぶっ飛んでましたね

戦闘シーンとか死体に群がるネズミや蛆虫とかブツ切れた胴体とかリアルに描いてるので
そういうの無理な人には厳しいかも…
プライベートライアン見れないって人にはあまりオススメできない作品ですね
スポンサーサイト

テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画

映画 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<劇場版 仮面ライダーエグゼイド トゥルー・エンディング | HOME | 結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章- 第3章やくそく>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。